« 「毛皮のビーナス」 | トップページ | 『バードマン』を見ました »

2015年9月 6日 (日)

『マッドマックス・怒りのデスロード』

ジョージ・ミラーもいい加減歳だし、このところ繰り返されるハリウッド制続編というかリメイクというか、とにかく期待はずれが多かったので見る気がなかったのだが、知り合いのプロデューサーが二度の打ち合わせの時に、二度とも「良かった!」というので見てきました!

 

『マッドマックス・怒りのデスロード』

 

いやあ、凄かったねえ!    
ジョージ・ミラーは相変わらずの馬鹿力演出で、「やはり肉食人種には勝てない!」と昔風の感想を久しぶりに感じた二時間。      
「ハリウッドどオーストラリアは違うんじゃい!」と監督の雄叫びが聞こえて来そうな無慈悲な展開。    
話は実にシンプルで、楽園を求めて旅に出て、しかしそれは元の場所にあると気づいて戻ってくる。それだけの事だが。      
「青い鳥」伝説か「アルケミスト」か、この手の話はうまくまとまる。

 

全体を包む世界観、それを視覚化する美術、アクション、特撮。すべてが同じ方向を目指して、ひしめき合っている。次から次へ出てくるキャラクターもユニークだし、あまり説明をしないのもいい。

 

唯一の欠点はマッドマックスを演じた凡庸な役者。主役が欠点というのは大問題だが、それを補って余りあるのがシャーリーズ・セロン。彼女を主役に続編の話も出ているそうで、さもありなん。

 

個人的に好きだったのはエレキギターを弾きながら走る一団。後部にリズム隊を乗せ、戦闘の間、何故か音楽を鳴らし続ける。    
昔の軍隊には軍楽隊がいたが、あれの名残というか、アレンジ・バージョンなのだろうか?      
しかしあんな発想、たとえ思いついたとしても、誰か(たとえばプロデューサー)に却下されるよ普通。

 

とにかく久しぶりに「アクション映画」を見たって感じです

|

« 「毛皮のビーナス」 | トップページ | 『バードマン』を見ました »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543593/62229344

この記事へのトラックバック一覧です: 『マッドマックス・怒りのデスロード』:

« 「毛皮のビーナス」 | トップページ | 『バードマン』を見ました »