« 『マッドマックス・怒りのデスロード』 | トップページ | 『浮草』 »

2015年9月24日 (木)

『バードマン』を見ました

何とも発音の難しいこの監督の作品は今までにも見てはいるが、今ひとつ好きにはなれなかった。手法が先に立ちすぎていて、物語に集中できないのだ。しかし、このアカデミー賞受賞作品はとても面白かった。

とにかく脚本がいい。「バードマン」という特撮ヒーロー映画で一世を風靡したという主役の設定は、その役を演じるかつての「バットマン」マイケル・キートンそのままだ。パート4を断って、それ以来ヒット作がないという設定で、よくこんな役を引き受けたなと驚く。
その主役が自分が本当にやりたかった芝居に挑む。しかし映画界とブロードウェーはちょっと、いや、かなり違う文化だ。彼は悪戦苦闘し、共演者からも批評家からも、そして心の声「バードマン」からも、「無駄なことはやめて映画界にもどれ」と言われる。
そして初日を迎えるのだが……。

「金の欲しい奴はハリウッドに行き、本当の役者は芸術に身を捧げるんだ」「ちょっと金を儲けただけで、基礎もない役者が芸術に挑戦して、破れて行く」「ここにいるのは本物の役者ばかりだ、お前をのぞいてはな」などなど、ハリウッドとブロードウェーの対立を象徴するようなセリフのオンパレード。
これってメキシコ出身の監督だから描けたことなんだろうか?

全編近くがワンカットに見える手法は、効果的だったのかどうか判らないが、脚本とそれを演じる俳優は皆素晴らしい。

※ファラ・フォーセットとマイケル・ジャクソンが同じ日に死んだのを、この映画で初めて知った。

 

|

« 『マッドマックス・怒りのデスロード』 | トップページ | 『浮草』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543593/62345786

この記事へのトラックバック一覧です: 『バードマン』を見ました:

« 『マッドマックス・怒りのデスロード』 | トップページ | 『浮草』 »