« 『ソルジャー・ブルー』&『バニシング・ポイント』 | トップページ | 「毛皮のビーナス」 »

2015年8月23日 (日)

『絶歌』を読みました

Dscn2399_1024x768

『絶歌』を読みました。    
酒鬼薔薇こと元少年Aが書いたあの本です。実は、出版されてすぐに手に入れて、その日のうちに読みました。「あんな物は出版するのが間違っている」「買って読む奴の気が知れない」などと大騒ぎとなりましたが、どうやら騒ぎも収まったようです。      
出版に関する道徳的な問題についても思うところはありますが、一番に考えるべき事は、「それでは彼を死刑にするべきだったのか?」という事だと思います。      
死刑に相当する罪を犯したのです。そうならなかったのは「少年法」によって守られていたからです。では少年法の目的とは?「まだ若いから更正の見込みがある」という事でしょうか? それでは、彼は更正したのでしょうか? そもそも更正とは何でしょうか?      
悪いことをしたら電流を流し、言う事を聞いたらエサを与える。その様なことを繰り返して「条件付け」の様なことするのは可能かも知れません。しかし、持って生まれた性質や価値観を根底から変えることが出来るのでしょうか?      
気になる描写があります。      
「その歳であれだけのことをやったんや。頭もええし度胸もあるんやろ」      
彼を担当した刑事の言葉です。わざわざ書き留めているということは、元少年Aにとって意味のある言葉だったんでしょう。週間文春の記事にはこんな言葉も出ています。      
「14歳であのような行為が出来た自分に対して、今の自分が激しく劣等感を抱いているのは確かです」      
最初に出版する予定だった出版社の編集長に語った言葉だそうです。それにしても、「劣等感」というのは自分より優秀なものに感じる感情ではないでしょうか。      
殺した子供の頭部を学校の門の前に置いた、あの世間を戦慄させた犯行の場面は、本の中でこの様に描写されています。      
「いろいろと悩んだ挙句、僕は門の真ん中に頭部を置き、二、三歩後ろに下がって、どう見えるか確認した。その瞬間、僕の世界から音が消えた。世界は昏倒し、僕だけが起きているようだった。地面。頭部。門。塀。塀の向こうに見える校舎。どの要素も、大昔からそうなっていたように、違和感なく調和し、融合している。(中略)もう、いつ死んでもいい。そう思えた。自分はこの映像を作るために、この映像を見るために生まれてきたのだ。すべてが報われた気がした」      
この描写、まるで小説です。      
(ちなみに彼はなかなかの読書家で、三島由紀夫、太宰治、ドストエフスキー、村上春樹などの引用が沢山出て来ます。彼自身の文体もそれらの作家の影響を受けていて、猫殺しの描写などは似た場面がある「海辺のカフカ」を思い出しました)      
当初から、門の前に首を置いた行為を彼は「作品」と言っていたそうです。それが作品なら、殺人は自己表現の手段という事でしょうか? (子供の頃から彼のヒーローはジェフリー・ダーマーやテッド・バンディなどの連続猟奇殺人犯だったそうです)      
これらを総合すると、彼はあの事件を「反省」などしていません。むしろ「凄いこと」をした自分を誇らしく思っているようにも思えます。そして、手記というよりもまるで私小説のような『絶歌』という本を出版することは、もうひとつの「凄いこと」だったのかも知れません。

さて、最初の問いに戻りましょう。
「それでは、彼を死刑にするべきだったのか?」
死刑そのものに対する是非がある事も知っていますが、今はそれを論ずるのはやめます。同じように凶悪な事件を起こした宮崎勤も宅間守も、既に死刑になりました。彼らは手記を書くことも再犯に走ることもありません。一方、元少年Aは生き延びて、現在32歳だそうです。      週刊誌の記事によれば、被害者3人に対して総額2億円の賠償金を背負っているそうです。ご両親が書いた手記(これも読みました)の印税や毎月の支払いがあってもいまだ1億数千万残っているそうです。『絶歌』の印税は2000万ほどになるそうで、これに関しても世間は「けしからん」とか「遺族に全て支払うべきだ」という意見がありましたが、たとえ全額払ったとしてもまだ1億の賠償金が残ります。      出版界は『絶歌』から『火花』に話題が移り、「本を引き上げるべきだ」とか「サムの息子法のような法律が日本にも必要だ」という議論はすっかり影を潜めました。それは出版界にとっては良いことなのかも知れません。今年最大の話題が『絶歌』ではやりきれないでしょう。しかし、元少年Aはまだ生きています。32歳という男盛りで、1億の賠償を抱え、日の当たる場所に出ることも出来ず、まだまだ長い人生を生きて行くのです。
「一生、苦しめばいいのよ!」とある文化人が言いました。その気持ちも分りますが、苦しんだあげく彼が追い詰められ、もう一度「凄いこと」をするかもしれません。私はその方が気になります。      

この本の出版人が言った様に、これを機に本当に少年法について再考するべきなのではないか、と思うのですが……。

|

« 『ソルジャー・ブルー』&『バニシング・ポイント』 | トップページ | 「毛皮のビーナス」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543593/62143974

この記事へのトラックバック一覧です: 『絶歌』を読みました:

« 『ソルジャー・ブルー』&『バニシング・ポイント』 | トップページ | 「毛皮のビーナス」 »