« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月18日 (火)

くだらないけど、素晴らしい事

 

『両沢さんはコメディしか書かないんですか?』とある俳優に聞かれた事がある。
そんな事はないのだが、『お金がない!』『味いちもんめ』『ナースのお仕事』など、よく知られている作品は確かにコメディ色が強い。

 

『コメディを書く様な人には見えないですね』とも言われた事がある。
果たしてどんな顔をしていたらコメディを書く様に見えるんだろう?

 

『全然、お前らしさがないよね』と言われた事もある。
学生の頃は小難しい映画を小難しく語るのが好きだったからか?
昔も今もコメディは好きだ。

 

『ギャグにはバーバルギャグとサイトギャグがある』と言う書き出しの、笑いを分析した文章を読んで感心した事がある。
プロデューサーとして新しい脚本家と仕事するときには、その話をするようにしている。

 

『コメディは難しい。けれどなかなか評価されない』と言う俳優は多い。
しかし日本には、たとえばジム・キャリーの様なコメディ専門という俳優は少ない。
実は、脚本家もコメディを書く人は意外と少ない。
コメディがあまり好きでない人もいる。

 

『ナースのお仕事』を始めた時、深刻な医療の現場にドタバタを持ち込むなんて、と非難の声もあった。
個人的な話だが、『ナースのお仕事』パート1の収録中に父が入院した。
スタジオと病院を行ったり来たりしながら、脚本作りをしていた。
実際の病院には、「朝倉いずみ」も「尾崎翔子」もいない。
しかし入院患者に『ナースのお仕事』は人気だった。

身近な人が癌で苦しんでいるときに、『白い巨塔』に代表されるような深刻な医療物は見たくはないだろう。

『入院患者が見ることの出来る唯一の医療ドラマ』

以来、それを売り文句にしている。

 

ちなみに最終回の放送日に、父はこの世を去った。
奇妙な偶然である。

 

『バナナの皮に滑って転んだ』というのを陳腐なギャグだと言ってしまったら演出家の負けだ。私が敬愛する映画監督がそう言っていた。
今回の『ナースのお仕事スペシャル』では、そこにチャレンジしてみた。
撮影中、「何てくだらないシーンなんだ!」と思いながら、嬉しかったのは、一流の役者やスタッフが皆、楽しそうにそれに挑戦してくれたことだ。

 

『私を会員にするようなクラブには入りたくない』というのはウディ・アレン映画の冒頭のセリフだが、それに習って最近、私はこんな言葉をひねり出した。

『くだらない物以外は、くだらなくてやる気がしない』

 

人を笑わせるのは実に大事な事だと思う。

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年12月 »