« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月10日 (月)

『私の心は……』

この前のブログで『僕の見た震災はテレビの中』という自作の歌詞を乗せたら、ある人から(俳優の中山雄介君だけどね)コメントが来て、今度は『私の心は……』も乗せて下さいと言われました。彼はこの曲が好きで、ありがたい事にいつも「歌って下さい」と言われるのです。先日のバースデイライブの時は、セットリストには入れておいたのですが、時間が足りなくなってしまい、カットしてしまいました。彼はちょうど舞台の本番と重なっていてライブに来れなかったので、「まあいいか」と思ったのが正直なところで、来ていたら無理にでも歌っていたと思います。

 

MCでも言いましたが私の書く曲はトピカルソングと呼ばれている、トピック(時事問題)を唄った物が多いのが特徴です。「走れ少女よ」や「僕の見た震災はテレビの中」は代表的な例です。しかしそういう歌ばかりを作っている訳でもなく、最初に曲を書いてみようと思った時は、やはり自分の心情を唄うというのを基本にしていました。

 

けれども中々これと言った納得の出来る物が出来ない。何でなんだろうと思い、かつて自分が感動した曲の歌詞などをもう一度読み直してみたりすると、ある事に気づいたのです。自分の心情を唄うと言っていながら、実は本当に正直な気持ちは歌っていなかったのです。どこかで聞いた言葉、誰かが言っていた事、世の中で正しいと言われている建前、そんな物をいじり回して、それで自分の心情を描いたつもりになっていたのです。

 

「自分の心情を正直に描くのは、なかなか難しい事だな」と改めて思った次第です。結局、人は誰かに好かれたい、好感を持たれたいと思っているからです。だから、「俺は負けない」とか「君を信じている」とか格好いい歌詞を書きたくなってしまうのです。

 

で、とにかく一度、勇気を持って自分の正直なところを書いてみようとトライしたのが、この曲なのです。

 

 

 

『私の心は……』

詞と曲 もろさわ和幸

私の心は醜くて 見つめることなど出来ません

見つめてしまえばそれきりで 生きてゆくことさえ出来ません

 

同窓会に行きました 机を並べた悪ガキどもが 

高いスーツを着ています 自慢話を聞かされました

握手と笑顔のその裏で 友の出世が妬ましく

「おめでとう」が言えません 私の心は醜くて

 

昔の手紙を読みました 未来の自分に書いた手紙

「金や名誉に恵まれなくても 自分に正直に生きて行きたい」と

そんな手紙を書いた自分に 今の自分が言える事は

世の中なんてそんなに甘くない そんなありふれた説教だけです

 

自分が成りたくなかった自分に いつの間にか成ってしまいました

そんな事に気づいたところで 今更どうする事もできないのです

 

私の心は醜くて 見つめる事など出来ません

見つめてしまえばそれきりで 生きてゆく事さえ出来ません

 

「誰でもいい」と言いながら 人を殺した男がいます

世間が眉をひそめる側で 共感している自分がいるのです

自分を変える事など出来ず 世の中が変わればいいのだと

そんな風に思い込んで 心のナイフを握るのです

何が正しい生き方なのか これでも分かっているつもりです

もっともらしい解説は 今更聞きたくはないのです

 

私の心は醜くて 見つめる事など出来ません

見つめてしまえばそれきりで 生きてゆく事さえ出来ません

 

不運続きの人生を 嘆いて泣いて泣きぬれて

涙で満たしたグラスをあおって そんな自分に酔っているのです

 

私の心は……嗚呼 私の心は……嗚呼

 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »