« オリンピックと映画 | トップページ | 最近読んだ本 »

2012年8月30日 (木)

マリリンとオリビエ

Sscn0750

『マリリン 7日間の恋』という映画を見た。
劇場で見たかったのだが、機会を失ってしまい、最近発売されたDVDでの鑑賞だった。

おもしろかった!

最近見た映画の中ではダントツに面白かった。というか、私の好みだった。

イギリスの名優ローレンス・オリビエが「王子と踊り子」という自分が出ていた舞台を自ら監督して映画化するにあたって、相手役としてハリウッドからマリリン・モンローを招く。マリリンは当時、劇作家のアーサー・ミラーと結婚したばかり。幸せいっぱいに見えるが、インテリの劇作家の夫との仲は早くもぎくしゃくしている。

オリビエはシェイクスピア俳優として世界的に有名だ。当時のマリリンはセックスシンボルから演技派へ脱皮しようとしていた最中で、「メソッド演技」で有名なアクターズスタジオの代表リー・ストラスバーグの奥さんで演技コーチのポーラ・ストラスバーグを同伴している。

本読みの初日、自信タップリにセリフを読むオリビエに対して、マリリンは「役が理解出来ない」と訴える。その上、何かというと隣にいるポーラがマリリンに対してささやき声でアドバイスをする。まるでささやき女将だ。
「必要な事は台本に書いてあるじゃないか。セリフを言えばそれで良いんだ」というオリビエに、「セリフ以外のものを表現するのが演技です」とポーラも譲らない。

「まったく何がメソッドだ!」と怒り心頭のオリビエ。総じてメソッド以前の俳優はメソッドが嫌いだ。かの名優ヘンリー・フォンダもメソッドが大嫌いだったと、娘のジェーン・フォンダが「アクターズスタジオ・インタビュー」の中で告白していた。

演技コーチのポーラは撮影現場にも現れる。カットがかかる度に、マリリンはポーラの意見を求める。監督としては「勘弁してくれよ」という状態だ。
「お熱いのがお好き」の時も同じだった様で、以前読んだビリー・ワイルダーの本の中で、彼もマリリンの「演技コーチ」を嘆いていた。しかし、二人ともラッシュを見た時の反応は一緒だ。

「彼女は輝いている。 彼女ばかりを目で追ってしまう」

舞台では妻のビビアン・リーが演じていた踊り子の役をマリリンに依頼したのは、ビビアンがもう映画で同じ役をやるには年をとりすぎているからだそうだ。しかし、それ以上にオリビエはマリリンの力を借りて、もう一度スクリーンで輝きたいと思っていた。

「オリビエは映画スターになりたい偉大な役者で、あなたは偉大な役者になりたい映画スターだ」

というのは、現場についていたサード助監督がマリリンに言った言葉だ。
この映画は、そのサード助監督であった若い男の目線を通して描かれる。彼は裕福な家に育ち、親のコネを使って映画界にもぐり込む。そして、上手くいかない撮影現場と、破綻し始めた新婚生活の合間で、精神的に追い詰められていくマリリンの心のよりどころとなっていく。

邦題では「マリリン 7日間の恋」となっているが、「恋」といえるほど熱烈な情事が描かれるわけではない。かつて助監督であった私としては、こんなほのかな恋が私にもあったら良かったなあ、などと思ったりもするが、それ以上に、マリリンとオリビエの演技論の違いや、マリリンのラッシュを見る時のオリビエの視線に嫉妬するビビアン・リーなどの描写が、実にスリリングで面白かった。

配役も素晴らしく、マリリン・モンローをミシェル・ウィリアムス、ローレンス・オリビエをケネス・ブラナー、マリリンにつらく当たるオリビエに対してマリリンを庇うベテラン女優をジュディ・ディンチ、デートの約束をマリリンのせいでドタキャンされてしまう衣装係をエマ・ワトソンが演じている。

シナリオ、撮影、演出も素晴らしい。そして何よりも、とかく毒を持って描きがちな業界物が多いなか、すべての登場人物に対して愛情を持って、肯定的に描こうとしているのが心地よい。


この映画を見た後、ついでと言ってはなんだが、「紳士は金髪がお好き」を久しぶりに見る。正直、作品としてはあまり面白いとは思わないのだが、やはりマリリン・モンローは素晴らしい。彼女が出ているシーンは、彼女だけを見てしまうし、出ていないシーンは退屈だ。

マリリン・モンローはその早すぎる死にまつわる噂も含めて、女優としてよりも時代のアイコンとして語られる事が多い。生涯を通じて「傑作」と言える作品に出会ったとも思えない。
(ビリー・ワイルダーの「お熱いのがお好き」は傑作かもしれないが、あれはやはりジャック・レモンの映画だ)

そういう意味では女優としては決して恵まれなかった。しかし、ローレンス・オリビエの事を人々が忘れても、マリリン・モンローの名前と顔とそのパフォーマンスは多くの人が忘れないだろう。そして新しいファンも増やして行くだろう。

アメリカ映画史上最も有名な女優は誰かと言われたら、多くの人がマリリン・モンローと答えるに違いない。

|

« オリンピックと映画 | トップページ | 最近読んだ本 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543593/55498075

この記事へのトラックバック一覧です: マリリンとオリビエ:

» 楽天市場バーゲンセール通販 [アウトレットモール・パーク【東日本】]
「Outlet mall」です。東日本のアウトレットモールを紹介しています。まだ製作途中ですが、どんどん増やしていくので遊びにきてください。楽天の通販も紹介してます。ご迷惑でしたら、お手数ですが削除お願いします。... [続きを読む]

受信: 2012年8月30日 (木) 08時27分

« オリンピックと映画 | トップページ | 最近読んだ本 »