« 「杉並演劇祭」ビデオ鑑賞会&反省会 | トップページ | 打ち切られたドラマ »

2012年6月 8日 (金)

「マイ・バレンタイン」と「マイ・リトル・タウン」

R0011924_800x600_2

最近買ったCDはポール・マッカートニーの新作「キス・オン・ザ・ポトム」とサイモンとガーファンクルのベスト。

ポールの新作は、彼がスタンダードナンバーを歌うという企画。噂によるともっと早くやりかったけどロッド・スチュアートが先に同じ趣旨のCDを出してしまったので、延期したそうだ。

ロッド・スチュアートの奴も買ったけど、今度のポールの方が私は好きだ。

スタンダードとは言え、あまり有名でない曲が多い。でも、皆、名曲。
ポールのボーカルスタイルも実に素直で、ジャズというかスタンダードの世界にどっぷりはまっていて、なおかつポール流で……なかなかこうはいかない。

オリジナルが二曲入っていて、それぞれエリック・クラプトンとスティービー・ワンダーがゲスト参加している。どちらも素敵だが、スティービー・ワンダーがハーモニカで参加している「オンリー・アワ・ハート」がお気に入りだ。

クラプトンがギターで参加している「マイ・バレンタイ」のPVはナタリー・ポートマンとジョニー・ディップが出ているという豪華版で、ポール自身が演出しているそうだ。

サイモンとガーファンクルのベストは、ポールの新作を買う時に目について、ついでに買ってしまった。彼らの音楽は久しぶりに聞く。勿論、名曲ばかりだ。

映画「卒業」を思い出したりもする。

彼らの新曲はないが、最後に作られた「マイ・リトル・タウン」が好きだ。

「死人と死にかけた人間しか、僕らのふるさとにはいない」というサビのフレーズは、今聞いても鮮烈だ。

こういう歌詞を書くのはセンスもいるが勇気も必要だ。

そしておそらくアメリカの地方都市の一面をするどく描いているのだろう。


|

« 「杉並演劇祭」ビデオ鑑賞会&反省会 | トップページ | 打ち切られたドラマ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543593/54912703

この記事へのトラックバック一覧です: 「マイ・バレンタイン」と「マイ・リトル・タウン」:

« 「杉並演劇祭」ビデオ鑑賞会&反省会 | トップページ | 打ち切られたドラマ »