« ホイットニー・ヒューストン | トップページ | 「ロミオVSジュリエット」・第9回杉並演劇祭参加作品 »

2012年2月28日 (火)

ジョンとシンの物語

ジョンとヨーコの物語は有名だが、ジョンとシンの物語はそれほど知られてはいない。

シンとはシンシア・レノン。ジョン・レノンの最初の奥さんだ。

彼女が書いた『ジョン・レノンに恋して』という本を読んだ。

ジョン・レノンが死んだ後も、随分と長いあいだ沈黙を保っていたシンシアだが、この本ではジョン・レノンとの出会いから、ビートルズ結成、ハンブルグ時代、ビートルズデビュー、世界的な成功、オノ・ヨーコの登場、離婚、離婚後の生活、ジョンの死、全てが誠実な口調で語られている。

実に面白かった。

特にジョンとの出会いから、ビートルズデビューの辺りは、まるで良くできた青春ロックンロールストーリーを見ているようだ。

二人は美術学校の同級生として出会うのだが、当時のジョン・レノンは革ジャンにリーゼントという典型的なテディ・ボーイだった。

恋に落ちた二人はデートを重ねつつ、ジョンはロックスターになるという夢に向かって驀進する。

やがて苦労の末、ジョンは成功を手に入れる。

妊娠出産したシンシアは、自分の存在がジョンの邪魔にならないかと心配する。

マネージャーのブライアンも、シンシアの存在をファンから隠そうとする。

しかしビートルズの人気はあまりに凄まじく、シンシアの存在が世間にしれた後も、ファンが離れることはなかった。

すべてが順調に進んでいく様にみえたが……。

ジョンがドラッグにはまり、オノ・ヨーコが登場し、シンシアのストーリーは大きくカーブを描く。

 
 
ジョンがヨーコと公然と活動を始め、シンシアと離婚を考えていた時期、それまで家族の様に仲の良かったビートルズの関係者は、誰一人シンシアの前に現れなくなる。

ジョンの逆鱗に触れるを恐れた為だ。

そんな中、ポールだけがバラの花を一輪持って、シンシアを訪ねてくる。

シンシアを慰めるために。

どちらかというとポール派である私としては、このエピソードが好きだ。

シンシア曰く、ビートルズの関係者の中で、ジョンに面と向かって対抗出来るのは、ポールだけだったそうだ。

 

 

 
 
ビートルズの音楽は、今でも良く聞く。

と同時にビートルズの物語にも、何故か心ひかれる。

特にジョンとポールの物語は、実に面白い。

ポールは最近、新しいアルバムを出した。甘いスタンダードナンバーを唄うアルバムらしい。

ジョンだったら決して出さないタイプのアルバムだ。

でも、意外とジョンは気に入るかもしれない。

 

ジョンの新しい音楽が聞けないのは、やはり寂しい。

 

|

« ホイットニー・ヒューストン | トップページ | 「ロミオVSジュリエット」・第9回杉並演劇祭参加作品 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543593/54097465

この記事へのトラックバック一覧です: ジョンとシンの物語:

« ホイットニー・ヒューストン | トップページ | 「ロミオVSジュリエット」・第9回杉並演劇祭参加作品 »