« ペキンパーvsキューブリック | トップページ | 「両沢和幸アワー」第6弾 »

2011年9月17日 (土)

レッドパージ・ハリウッド

P1000037_800x600

 

「レッドパージ・ハリウッド」という本を読んだ。

買ったのは随分と前だったが、やっと読み終えた。

ハリウッドの赤狩りに関する本は以前にも何冊か読んだ事があるが、

この上島春彦氏による労作は、その情報量の多さからいっても、

決定版といった感じだ。

私は「ローマの休日」という映画が好きで、

その脚本を赤狩りで追放されている最中に書いたといわれる

ダルトン・トランボに興味を持ったことが、この手の本を読むきっかけだった。

トランボは当時売れっ子の脚本家だった。

赤狩りの時に証言拒否をして、公式にはハリウッドで仕事が出来なくなった。

しかし、それが公になった途端、彼の電話は仕事の依頼で鳴り続けたという。

「トランボの脚本が、今なら安く手に入る」

そう考えたプロデューサーがいたのだ。

実にアメリカらしいエピソードだ。

 

日本で同じ事が起きたら、こうはいかないと思う。

|

« ペキンパーvsキューブリック | トップページ | 「両沢和幸アワー」第6弾 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543593/52753533

この記事へのトラックバック一覧です: レッドパージ・ハリウッド:

« ペキンパーvsキューブリック | トップページ | 「両沢和幸アワー」第6弾 »