« ロックスターの死 | トップページ | 屋上遊園地 »

2011年7月31日 (日)

天命を知る時

元ヤンキースの伊良部選手が自殺した。 

42歳だったそうだ。

 

40代は男にとって難しい年代だ。

私が40代だった時、知り合いが3人自殺した。

 

野沢尚。脚本家。

共にテレビ朝日シナリオコンクールの審査員をやっていてた。

自殺した時も、その10日ほど前に授賞式で会っていた。

 

古尾谷雅人。俳優。

「傷だらけの女」や「サンタが殺しにやってきた」などのテレビドラマで、

脚本・演出の立場で一緒に仕事をした。

 

森田和夫。公務員。

高校の同級生で、毎年、年末に同窓会があって、

その前年の12月にも一緒に飲んだりしていた。

 

 

彼らが自殺した理由の、本当のところはよく分からない。

ただ、その気分みたいなものは分からなくもない。

40代は迷いの年代なのだ。

20代の後半から30代にかけて、男は自分の身を立てる。

そして忙しい10年を過ぎ、ふと立ち止まるのが40代だ。

「自分の人生はこれでよかったのだろうか」

そんな事を考えるようになる。

 

「40にして迷わず」というのは論語の中の孔子の言葉だ。

自分の人生を弟子に語った時に、そう言ったらしい。

だが、実際の孔子の40代は、やはり迷いの年代で、

この言葉は「迷うべからず」と自分に言い聞かせているのだ、

という説もある。

 

40にして迷わず、50にして天命を知る。

 

果たして自分は天命を知るのだろうか。

 

 

 

今回、3人を実名で書いたのは、彼らが存在した事を忘れたくないからです。

ご冥福を祈っております。

|

« ロックスターの死 | トップページ | 屋上遊園地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543593/52341689

この記事へのトラックバック一覧です: 天命を知る時:

« ロックスターの死 | トップページ | 屋上遊園地 »