« 人生の短さについて | トップページ | 青空 »

2011年6月27日 (月)

言問橋とスカイツリー

Imgp0193_1024x680

 

東京大空襲の夜、多くの人は炎の中を、川に向かって走った。

橋を渡り、川の向こうへ逃げれば助かる。

多くの人が、そんな風に思ったのだ。

しかし、橋の向こうの人も同じ事を考えていた。

両岸から来た群衆は、橋の中央で衝突し、立ち往生した。

行き場を失った人たちの上に、さらに焼夷弾が降り注いだ。

欄干を飛び越え、川に逃げる人もいたが、

煙に巻かれて、多くの人が死んだ。

 

言問橋の橋脚の一部は、今でも焼夷弾の炎で煤けている。

 

私が言問橋を写真に収めようとしていると、女の人が私と並んで写真を撮り始めた。

「私も毎日、ここで撮るんですよ。今日、600メートルを越えたんですよね」

 

彼女が撮っていたのは、スカイツリーであった。

|

« 人生の短さについて | トップページ | 青空 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543593/52059937

この記事へのトラックバック一覧です: 言問橋とスカイツリー:

« 人生の短さについて | トップページ | 青空 »