« 大震災の時 | トップページ | 「走れ、少女よ」 東京大空襲の唄 »

2011年6月13日 (月)

東京大空襲の日

大震災の前日、つまり3月10日に私はライブハウスで歌を唄っていました。

 

歌?

そうなのです。実は私は最近自作の歌を、ライブハウスで唄ったりしているのです。

現在住んでいるマンションのすぐそばに「カットウ」という名のライブハウスがあり、

そこのマスターと知り合いになったのがきっかけでした。

そこで私は月に一回くらい、自作の歌を唄っているのです。

自分で作った歌は今までに30曲ほどあります。

その中に東京大空襲を題材に唄ったものがあるのです。

なぜ、東京大空襲を唄の題材にしたかというと、実は私の母がその体験者だからです。

母は、当時15歳で、東京の下町に住んでいました。

その年の3月10日、日付が変わったばかりに深夜0時過ぎに、空襲は始まりました。

母は、燃え盛る炎の中を逃げのび、だから私がいるのです。

 

毎年、三月になると母にその話を聞かされていた私は、

いつかその話を何かの形にしたいと思っていました。

そして、去年、それを「走れ、少女よ」という唄として作ったのです。

 

3月10日は、そのお披露目の日でした。

|

« 大震災の時 | トップページ | 「走れ、少女よ」 東京大空襲の唄 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543593/51929460

この記事へのトラックバック一覧です: 東京大空襲の日:

« 大震災の時 | トップページ | 「走れ、少女よ」 東京大空襲の唄 »