« 坂の上の雲 | トップページ | 言問橋とスカイツリー »

2011年6月25日 (土)

人生の短さについて

100_800x600

セネカの「人生の短さについて」を最初に読んだのは随分と前だ。

終末治療についての本を読んでいて、

その中で、ある患者の愛読書として紹介されていた。

私が読んだのは文庫版だが、

最近、大判で再出版されたりもして、この古典もいまだに需要があるようだ。

人生の長さは、その人の生き方次第だ。

まあ、簡単にまとめてしまえば、そんなことを言っている。

なるほどと感心する本の一つだ。

しかし、ローマ時代の哲学者の本が、何故、今の日本人の心を打つ?

人の悩みは変わらないという事か。

|

« 坂の上の雲 | トップページ | 言問橋とスカイツリー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/543593/52035851

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の短さについて:

« 坂の上の雲 | トップページ | 言問橋とスカイツリー »